薄毛の原因ともなる睡眠不足

薄毛を気にしている人のなかには、薄毛の原因がどこにあるのか、良く分からないという人も少なくないかもしれませんし、遺伝などに原因があると思っているような場合でも実は、そのほかのことに原因があるケースもあるようなので、自分の生活スタイルを見直してみて、生活リズムがバラバラであったりする傾向にないか、チェックしてみることが大切といえるでしょう。

健康な髪を育むために必要なことは、しっかり体を休養させて、成長ホルモンの分泌を促すことにあるといえるのですが、この成長ホルモンは、睡眠時に分泌されることが分かっていますから、ただ単に睡眠をとるというよりは、その睡眠の質も重要であるといえます。成長ホルモンは、人間が熟睡している時に、多く分泌されるものですから、毎日、決まったリズムの生活をして、睡眠時間も一定にしておいた方が、より質の高い睡眠を得ることにもつながるのです。したがって、生活リズムがバラバラであるということは、成長ホルモンの分泌も安定しないことになり、ホルモンの乱れになってしまい、薄毛になりやすくなるので、抜け毛の量が多いことに悩んでいるような人の場合には、その原因が、生活リズムの乱れによって、成長ホルモンが十分に分泌されていないことにもあるケースも考えられるので、自分の生活習慣を見直すことが大切だといえるのです。特に、睡眠中には、ゴールデンタイムとも言われる時間帯があって、だいたい、夜の10時から深夜の2時ころまでの間であると言われており、その時間帯に、深い睡眠状態にあると、成長ホルモンが十分に分泌されるので、可能であるなら、その時間帯には、いつも睡眠をとれるように心がけたいものです。

しかし、なかには、仕事の関係などで、その時間帯に睡眠できないという人もいることでしょうし、仕事が夜勤のために、昼夜が逆転したような生活を続けている人も少なくないことでしょう。しかし、そういった場合でも、健康を保つことは可能ですし、髪の毛の調子も、必ずしも悪い状態にあるとは限らないものです。それは、昼夜が逆転した生活を送る場合でも、日常的に、その生活が習慣となっていて、規則正しく、それなりに睡眠時間帯が一定のものになっているというようなケースでは、日中に睡眠することによっても、体に必要なホルモンは分泌されるものです。このようなケースは、夜更かしなど、生活リズムがバラバラという状況とは、少し異なるものであると考えられるでしょうが、それに加えて、飲酒やたばこなどの習慣があるとなると、また状況は変わってくるかもしれませんから、十分に睡眠時間を確保しているとしても、睡眠の質を低下させるような生活習慣は、なるべく避けるようにした方が、薄毛を防ぐためにも大切なことであるといえるでしょう。

眠る時間の直前に、脂っこい食事をしたりすれば、内臓にも負担がかかりますし、消化をするために、血液が胃腸に集中してしまうので、熟睡することが難しい状況になってしまいます。そうすると、頭皮の血行も悪くなりがちですし、髪の育成のため必要な栄養を行きわたらせることにも支障が出てきてしまいますから、やはり、薄毛を防ぎたいと思うのなら、規則正しい生活を送り、髪のために必要なホルモンの分泌を促すだけでなく、日中には、適度な運動などで体を動かすことによって、心地よい疲労感を得てから、ゆっくりと入浴することで体をリラックスさせ、そして、ゆったりとした気持ちで睡眠までの時間を過ごすように心がけると、質の高い睡眠を得ることにもつながりますから、就寝前には、忙しいときでも、少しでもゆとりを持つことができるような工夫をしていきたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

名前 *