爪の伸びすぎが薄毛の原因になる

あなたの爪は伸びていませんか?薄毛を気にしている人のなかで、爪が伸びていることが、結果として、薄毛の原因ともなっている可能性があるので、注意が必要といえますが、頭をかく人は意外と多いものですし、また、かゆくなくても頭を触る癖がある人もいます。無意識に睡眠時に掻くケースもあり、本人が気づかないうちに、爪で頭皮が傷つけられ、傷口で菌が繁殖し、薄毛を引き起こす原因ともなっていることがあるので、薄毛に悩んでいる場合には、まずは、爪は短く切る習慣にしたいものです。

最近では、特に女性の間では、おしゃれやファッションの一部として、爪を伸ばしてネイルアートなどを楽しむ人も増えてきているようです。本格的に、ネイルアートについて、学んできたような人の場合では、爪にマニキュアなどを塗布する技術だけでなく、爪そのものの性質やお手入れ方法についても、詳しく学んできているのでしょうが、最近では、そういった専門のお店に行かなくても、自宅で気軽にネイルアートを楽しむための商品も多く販売されていることから、本当にファッションの一部として、爪を長く伸ばしたりしている人も多いと思われます。それでも、主婦などの場合には、どうしても、日常生活の中で、爪を長くしていると、不都合な状況がたくさんあるものですし、たとえば、料理などで包丁を使うようなケースでは、もちろんのこと、おにぎりを握ったり、爪が長い状態では、難しいということがあるので、それほど長くするという人は少ないかもしれませんが、学生などで、特にそういった家事などをする機会がそれほどないような場合には、爪を伸ばして、そこに飾りをつけたりしていることも多いようです。しかし、爪は、単なるファッションとしてだけ考えていたのでは、問題が起きることもあるので、そのことを十分に知っておく必要があるでしょう。爪に長時間、マニキュアなどを塗布しているということは、爪自体にも良いことではありません。爪も呼吸をしているものなので、マニキュアを塗ることで、その呼吸が妨げられてしまうため、健康な爪が育たないということにもなってしまいます。また、爪は、雑菌が繁殖しやすい部分です。石鹸などで普段、手を洗っていたとしても、爪の中までは、気を付けていないと、十分に雑菌を洗い流せていないことも多いですし、まして、爪を伸ばした状態だと、さらにその可能性は高くなります。そうした雑菌のついた爪で、食事の準備をしたり、素手で直接おにぎりを作ったりすると、食品にも雑菌が移ってしまうことにもなるので、食中毒などの心配もでてきます。

爪を伸ばしていることで、爪についている雑菌が、食品などに悪影響を与えるだけでなく、その爪で掻いた頭皮にも、トラブルを起こすことにもなりますから、爪というものが、意外と鋭利なものであるということを理解し、髪の毛に隠れて、気が付かないだけで、実は、頭皮というものは、知らないうちに、トラブルが起きている場合が多く、その大きな原因のひとつに、爪で頭皮を掻くことによるものが挙げられるということを理解して、常に爪は短くしておくことが大切でしょう。また、どうして、頭皮を掻きたくなってしまうのか、その原因についても考えておく必要があり、シャンプーをすれば、その痒みがおさまるのか、シャンプーをしても、痒みがおさまらないような場合には、爪だけでなく、そのかゆみが原因で、抜け毛や薄毛にも影響を与えている可能性も考えられるので、普段、使用しているシャンプーやトリートメントが、自分の肌にとって、負担になったり、刺激となるような成分が含まれていないか、などについて確認することが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

名前 *