洗髪と薄毛の原因について

薄毛に悩んでいる人は、自分なりに対策をしていると思いますが、洗髪について間違った方法をしてしまっている人は多いです。特に、夏場に多いですが、2回シャンプーをするなどの過度な洗髪をして、結果的にAGAを促進するだけということになってしまい、薄毛対策として、丁寧に洗髪していたつもりが、AGAを促進するだけの逆効果となってしまっているのであれば、せっかくの対策が無駄なものとなってしまい、それによるストレスでさらに髪の毛に負担をかけてしまい、悪循環となるケースもよく見受けられます。なので、間違った方法である、2回シャンプーするなどの過度な洗髪を見直し、頭皮のための洗髪方法に改善する必要があるので、AGAを促進するだけの洗髪から、夏場であっても洗いすぎずに、頭皮に優しく育毛効果が期待できるような洗髪方法を紹介していきます。

まず、過度な洗髪を見直すことが必要になるのですが、洗髪を毎日することが髪にとって良い訳ではないと言うことを理解しなければなりません。頭皮には、雑菌がいるのですが、この雑菌により、頭皮にかゆみを引き起こすことがあり、シャンプーすることでしっかりと殺菌しなければならないのですが、実は雑菌の中には頭皮全体を保護するものも含まれているので、2回シャンプーするなどで、完全に頭皮の雑菌をなくしてしまうのは、頭皮の保護機能をなくしてしまうことにもなり、傷つきやすい状況となります。また、熱いお湯で髪を濡らすことで、頭皮が軽いやけどをしてしまい、傷ついて雑菌が増える原因となりますので、適度な温度で髪を濡らすことをまず心掛けましょう。そして、シャンプーをつける場合は、必ず原液のままつけないようにしなければ、毛穴に原液が入り込んでしまい、それにより洗い流してもなかなかとれなくなってしまいますので、しっかりとシャンプーを泡立ててから、髪の毛につけなければなりません。頭皮を洗うときも、決してつめを立てて頭皮を傷つけてしまうようなことはせずに、指の腹を使って優しくマッサージするように洗い流すのですが、その際は、シャンプーが頭皮に残らないように、しっかりの洗い流す必要がありますし、そのためにも3分を目安として、十分に洗い流します。そして、リンスではなく、髪の毛を保湿する効果のあるコンディショナーを頭皮ではなく、髪の毛につけるようにし、その後にドライヤーをする場合も、熱い風を頭皮に直接当ててしまわないように気をつけて乾かすようにしましょう。

このように、過度な洗髪を避けて、正しい洗い方をするようにすれば、薄毛には必ず効果がありますし、AGAを促進するだけの2回シャンプーや、熱いお湯で髪を濡らしてしまうようなやり方を改善することで、頭皮を保護する機能も正常に働き、それにより髪も丈夫になるので、ストレスの要因となっていた原因が解決されます。そうすることによって、薄毛の原因となるストレスによる血行不良にも効果がありますし、前向きになることで、食生活や私生活の中にある薄毛の原因を探る気力も湧いてくるでしょう。とにかく、大切なことは、今まで自分が何気なくやっていた薄毛対策や、生活習慣を疑い、一度ゼロから見直し、正しい方法を理解してそれを実践することが一番大切なので、今までの常識を疑うことも必要ですし、新しい習慣を作っていくことも受け入れないといけませんが、最初は、過度な洗髪を辞めることと、正しい洗い方を実践することに集中しましょう。そして、それらに効果が出て自信がついたのであれば、さらに生活習慣などの部分も見直していき、AGAを促進するだけの生活習慣から抜けだし悩みのない生活を送りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

名前 *