エアコンが薄毛の原因になることも

男性でも女性でも、薄毛を気にしている人は意外と多いものです。男性では、おでこが広くなるのを気にしている人もいるようですし、女性の場合には、男性に比べると、ヘアースタイルの工夫などにより、目立ちにくいということはあるかもしれませんが、それでも、頭頂部の髪の毛の量が減ってきたり、髪の毛のハリやコシが無くなってきたと感じるケースも少なくないことでしょう。薄毛になる原因として、考えられることは、さまざまあり、食生活でも、脂っこい食事が多かったり、甘いものの食べ過ぎや、お酒の飲み過ぎなどによって、抜け毛が増えることもありますので、自分の食生活が乱れていないか、という点について、しっかり見直してみることが大切だといえます。さらに、たばこを吸っているようなケースでは、たばこに含まれる有害物質が、髪や地肌に良い影響を与えるとは考えにくいので、やはり、薄毛が気になるのであれば、喫煙は控えるようにした方が良いといえるでしょうし、たばこや過度な飲酒などの、体に負担をかけてしまうような習慣があるのなら、見直すことが大切です。しかし、薄毛や抜け毛が増えるという原因には、そのような生活習慣の乱れからくるもの以外にも、たくさんの原因があるものなので、そういったことについても、知っているか、知っていないかでは、薄毛の対策からみても、大きな違いが生じることにもなりますから、どのようなことが、髪や地肌にとって、負担を与えることにつながっているのか、自分が普段、特に気にもしないで行っていることに、薄毛や抜け毛の原因が含まれていることも多いので、正しい知識を身に着けることが、薄毛、抜け毛を防ぐことにも役立つはずです。

薄毛や抜け毛の原因としてまず考えられるのは、なんらかの原因によって、頭皮が乾燥するということですが、たとえば、シャンプーをするときに、必要以上に熱いお湯で髪の毛を洗ったり、ドライヤーで熱風を長時間、髪や地肌にあてるということを習慣として繰り返していると、頭皮が乾燥してくることにもなってきますし、乾燥は頭皮のかゆみを引き起こすことにもなりますから、シャンプーをする時には、ぬるま湯で洗うように心がけたり、ドライヤーを使う場合には、地肌に直接風を当てないなどの注意が必要です。また、薄毛の原因は、シャンプーやドライヤーの他にもあり、暖房や冷房に長時間あたっていると、頭皮の乾燥を引き起こしてしまうことにもなりますから、暑い季節には、どうしても、涼しい風にあたりたいと思ってしまうものですが、エアコンの風は、頭皮に良くないだけでなく、喉やお肌を乾燥させることにもなりますから、エアコンを使用する際には、エアコンの風量の設定に気をつけるようにすることが大切でしょう。頭皮を乾燥させすぎると、AGAだけではなく脂漏性湿疹などの原因にもなりますから、部屋の温度を下げたいときには、壁にエアコンの風をあてるように向きを変えたり、風量を強くするのではなくて、その分、すこし設定温度を低めにするなどして、風を体に直接あてるようにしない工夫をすることが重要です。特に、就寝時にエアコンをつける場合には、無意識のうちに、同じ方向からの風にあたっていることにもなりますから、体調を崩すことにもなりかねません。エアコンは、暑い夏や、寒い冬の時期を快適に過ごすためには、現代では欠かせないものになっていますが、それでも、正しく使わないと、頭皮の乾燥を招いたり、体の不調を引き起こすことにもつながっていくので、エアコンを使うときには、風量の設定や風の向きなどに気を配るようにして、頭皮や喉、お肌の乾燥を防ぐようにしたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

名前 *